唐草図鑑

『博物誌』

大プリニウス
Gaius Plinius Secundus

Front page of Plinius maior's Naturalis Historia

『博物誌』(Naturalis Historia)
1世紀ローマの博物学者、政治家プリニウスが著した書。 全37巻
アマゾンのレビューに 「決して高くないローマ時代の百科事典」とありますが、
いや、お高いですよ(^^ゞ・・
でも買いました。



↑(古いページを埋め込んでいます)
澁澤龍彦(Wikipedia)、1928-1987
「渋澤龍彦からプリニウスを知ったという方も多い」…
渋澤龍彦の本:「唐草物語」「私のプリニウス」

me澁澤龍彦好みの怪物は以下の感じ
でも、怪物はプリニウスの「博物」の本の一部分です・・
澁澤龍彦好みの怪物
アピス(Apis)エジプトの神牛 スフィンクス(Sphinx) 毛が褐色で胸に一対の乳房がある獣。 ドラゴン(Draco) トリトン(Triton 半人半魚の姿をした海神。 ネレイス(Nereis) 半人半魚の姿をした海の精霊。 バシリスク(Basiliscus)) フェニックス(Phoenix) アラビアに生息し、大きさは鷲ぐらいで、頸まわりは金色、尾は青く、薔薇色の毛が点々と混ざり、体は紫。(第10巻第2(2)章第3 - 5節) ペガサス(Pegasus) エチオピアに生息する翼の生えた角を持つ馬。(第8巻第30(21)章第72節、第10巻第70(49)章第136節) ユニコーン(Monoceros) インドに生息し、馬の体、鹿の頭、象の肢、猪の尾を持ち、額の中央に黒く、長い一本の角が生えている獰猛な獣。(第8巻第31(21)章第76節)

聖なる森または怪物公園(ボマルツォ)


澁澤の跡を慕って(?)怪獣公園(ボマルツォ)に遠征してきました(20170613
『澁澤龍彦のイタリア紀行』やマリオ・プラーツの「ローマ百景」にもあったので、ここに行こうと大変苦労したのだが、 何か拍子抜け・・もはや、家族連れで車で行く公園のようなものになっていたのだった・・ 
全てが風化して、奇想とも驚異ともあまり感じられない平和な公園であった

WEB検索 プリニウスの世界:プリニウスの博物誌他の文献案内←残念、なくなっていました(20180430チェック)

me 百科全書派  (18世紀フランス)


唐草図鑑ロゴ

希臘(ギリシア)

墓の彫刻カリアティド(女性像柱)とテラモン(男性像柱)パルテノン神殿(行列)古代ギリシア芸術(4様式) 

ギリシアのケンタウロス ケンタウロスの図像ケンタウロスの神話ギリシア: 2つのモノ
最古のコリント式柱頭、 ギリシアの空想動物

アテナ―とギガントマキア(蛇の衣と蛇身)、アトラスとプロメティウス・大蛇テューポン 
アマゾネス: ギリシアの陶器画
陶画で見るペルシア戦争、 アッティカ、 アッティカの陶器アッティカの陶器(赤像式)、 アッティカの陶器(黒像式)、 幾何学(文)様式、 古代都市コリントス、 コリント式陶器「陶器年代」
 ギリシア史の現在解釈 エーゲ海地理

ギリシア美術における植物文様(アロイス・リーグル)
ギリシア美術(ポリット)
ギリシア絵画(ゴンブリッチ)、 ギリシア彫刻(ゴンブリッチ)
ギリシア美術を代表するもの(岩波美術館)

エリクトニウス(半人半蛇のアテネの王)  ヒエロニムス(獅子砂時計) 
カドモスとハルモニア(蛇に絡まれた人間像)

 

ギリシアの神々(神話学入門)』ちくま学芸文庫(ジェーン・E・ハリソン)

ギリシア・ローマ神話の美術表現 (2) 神話学のアウトライン

クロノス(時の翁) 角のある神々ゼウス イアソン(雄羊の皮) オデュッセウスの怪物(スキュラ キルケ―) キュクロープス  エリダノス(雄牛の角)(川―時間)

矢印聖樹聖獣文様(蛇 獅子 鷲 鹿・・・・)
ヴィラジュリアのエトルリアの文物 (ブルチのセントールなど)
フィシオログス(動物寓意集)9世紀

アカンサス ツタ ロータス ブドウ ボタン ナツメヤシ
唐草図鑑
唐草目次
文様の根源
聖樹聖獣文様
文献
用語
MAIL
サイトマップ
rssfeed