唐草図鑑
聖樹聖獣文様

古代ギリシア神話

大蛇テュ―ポン

アトラスとプロメテウス

Atlas Typhoeus Prometheus
Atlas & Typhoëus & Prometheus:
The three heads of the insurgency are shown while
they are being punished (Laconic bowl ~550 BC).

タイトルに、罰せられているアトラスとプロメテウス兄弟 そして大蛇テュ―ポン(とあるが?)
アトラスは:ゼウスから罰として、背負わされた天体を背負い、両腕と頭で天の蒼穹を支える原始巨人
the primordial Titan who held up the celestial spheres.
プロメテウスは:アイスキュロスの『縛られたプロメテウス』にも語られる、 人間に火をもたらした存在で、「文化英雄」。
それにこの蛇が、大蛇テュ―ポンとある
一見してよくわからない・・・・??

ティーターン神族がゼウス達との戦い( ティーターノマキアー )に敗れると、アトラースはゼウスによって、世界の西の果てで天空を背負うという役目を負わされる事となった。この役目はアトラスにとって、苦痛を伴うものであった。(Wikipedia)

広義のティーターンの子孫も、オリュンポスの神々に数えられる。(Wikipedia 20140817参照)

広義のティーターンの一族には、 イーアペトスの子であるアトラース、プロメーテウス、エピメーテウスや、
ヒュペリーオーンの子であるエーオース(暁)、セレーネー(月)、ヘーリオス(太陽)などがいた。 (呉茂一『ギリシア神話』pp.24-32)

http://www.vdgatta.com/myth/tree/myths_titan.html
 

テュ―ポン

Wenceslas Hollar - The Greek gods. Tryphon.jpg

Wenceslas Hollar - The Greek gods. Tryphon

テューポンは:ガイアの末子で、一説によるとタルタロスとの間の子。エキドナの夫で、キマイラやケルベロス、オルトロス、ラードーン、ヒュドラーなどの怪物の父でもある。また、多くの風の神々の父でもある(Wikipedia
ギリシア神話に登場する怪物の中では最大最強の存在

Typhon Staatliche Antikensammlungen 596
人頭蛇身はよいとして、これは翼まで生えてます!?

アトラスと地図

地図をアトラスというのはメルカトール(1512-1594 フランドル(現ベルギー)出身)が、アトラスを表紙に使ったからという
平凡社地図出版)(大辞林 第三版
  The Mercator world map of 1569(en.Wikipedia
画像は検索中。地図の中に有る装飾イラストはこちらにあり
地図の切手

※さすが、ドイツ版のWikipediaに画像がありました

息子Rumoldメルカトルによって、彼の死後出版された
「アトラス 」ゲルハル・トメルカトル口絵
(パブリックドメイン)

1637のメルカトルアトラスのロンドン版の表紙写真 
補足:

ティーターノマキアーは、ギリシア神話で語られるゼウス達とティーターンとの戦いである。ヘーシオドスの『神統記』などに語られている。(Wikipedia


ティーターン (オリュンポスの神々に先行する古の神々):オーケアノス コイオス クレイオス ヒュペリーオーン イーアペトス クロノス テイアー レアー テミス ムネーモシュネー ポイベー テーテュース(Wikipedia


Claudius Ptolemy- The World.jpgThe world map from Leinhart Holle's 1482 edition of Nicolaus Germanus's emendations to Jacobus Angelus's 1406 Latin translation of Maximus Planudes's late-13th century rediscovered Greek manuscripts of Ptolemy's 2nd-century Geography.

いろいろ見たが、テュポ-ンはよくわからない・・・
関係ないと思いますが、 風の神(テュポ-ンの子供?)がいる地図(アトラス)をこじつけ、今は、ここまでで・・・・
人像柱(カリアティードとアトランティス)、(聖獣文様)に戻る

me ここから、文献参照

図説世界シンボル事典(ハンス・ビーダーマン著 八坂書房2000刊)

キマイラ(キメラ)の項にあり

キマイラは古代ギリシアの怪物の名で、ライオンと山羊と蛇を合わせた姿をしていると考えられた
キマイラは、上半身が女性、下半身が蛇の姿をしたエキドナと冥府の怪物テュポンの間に生まれた娘で、地獄の犬ケルベロスはその兄弟であるとされる 

神話伝承事典(バーバラ・ウォーカー著 大修館書店1988)

Typhon テュポン

エジプトのロバ神セトのギリシア名。セトの息は疫病(発疹チフス)をもたらすと考えられていた熱風であった。この名称は全アジア的広がりをも、東南アジアではtyphoonであった。この風の神の名はおそらくヴェーダのロバ神ラーヴァナに由来するものであろう。すべての古代世界では疫病をもたらす砂漠の熱風は「ロバの息」と呼ばれた

イメージシンボル事典(アト・ド・フリース著 大修館書店1984)

me 探したが何もない
ここでは、「大蛇ピュトンPython」のみ??
「デルポイのアポロ神殿の青銅の三脚台とオムパロスは大蛇ピュトンの墓場であった」(p565)

Wikipedia(20180410閲覧)によれば、ピュトンはテュポンの乳母

 



first update:2014年 8月17日, LastModified: 2018年

▲TOPへ戻る

獅子紋章風
聖樹聖獣文様
聖獣概観
獅子
生命の木
華唐草
文様の根源
文献
用語
サイトマップ
目次
唐草図鑑