唐草図鑑

西洋の芸術(中世)

イタリアの24のロマネスク教会

 

イタリア・ロマネスクへの旅  

池田 健二 (著)  2009年4月刊 カラー版(中公新書) 

『教会の怪物たち━ロマネスクの図像学』を読むために、『イタリアのロマネスク建築』『イタリア古寺巡礼』 についで、更に・・ 


「イタリア・ロマネスクへの旅 」

目次

◇まえがき


第1章 ロンバルディア地方
ミラノ━古代から中世へ
チヴァーテ━山上の天使たち
パヴィア━聖ミカエルの館


第2章 エミリア・ロマーニャ地方
パルマ━アンテーラミの彫刻世界
モデナ━ヴィリジェルモの天地創造
ポンポーザ━天国への梯子


第3章ヴェネト地方
ムラーノ━聖母マリアの孤独
トルチェッロ━美しき黄金の聖母
ヴェローナ━聖堂扉の図像世界


第4章 トスカーナ地方
ピサ━奇跡の広場にて
ルッカ━大理石の象嵌文様
サンタンテッィモ━オルチャの谷の祈り


第5章 ラツィオ地方
サン・ピエトロ・イン・ヴァッレ━無人の谷に隠れて
カステル・サンテリア━古代への憧憬
パロンビーラ・サビーナ━銀の大地の修道院


第6章 アブルッツォ地方
ロショーロ━ヴァリーノ山の麓で
サン・クレメンンテ・ア・カザウリア━聖なる教皇の移葬
ペトレッラ・ティフェルニーナ━浮彫との戯れ


第7章 プーリア地方
トラーニ━アドリア海を背にして
モルフェッタ━十字軍とロマネスク
オートラント━驚異の床モザイク


第8章 カンパーニア地方とシチリア島
サンタンジェロ・イン・フォルミス━壮麗なる壁画
カゼルタ・ヴェッキア━古代と地中海の香り
チェファルー━ノルマン朝の面影


あとがき

第1章 ロンバルディア地方
(p20)イタリアのロマネスクに共通する美質の一つ=建築や装飾における時代の重層・積層

ミラノ━古代から中世へ

サンタンブロージョ教会(Wikipedia

司教アンブロシウス 古代のバシリカから中世ロマネスクへ

チヴァーテ━山上の天使たち

サン・ピエトロ・ アルモンテ教会

工匠たちのロンバルディア装飾 山上に見る天国

http://matsuohj.blog74.fc2.com/blog-entry-37.html

パヴィア━聖ミカエルの館

サン・ミケーレ教会http://www.sanmichelepavia.it/
龍を退治する英雄 
第2章 エミリア・ロマーニャ地方

パルマ━アンテーラミの彫刻世界
※ベネデット・アンテ―ラミ (Benedetto Antelami)1170年代

サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂と洗礼堂 (Wikipedia
広場を彩る大理石 労働への敬意 
パルマ(サンタ・マリア・アッスンタ)大聖堂

モデナ━ヴィリジェルモの天地創造
※12世紀初頭 建築家ランフランコ
 彫刻家ヴィリジェルモ
13世紀アンセルモ・ダ・カンピオーネの浮彫

サン・ジェミニアーノ大聖堂(モデナ大聖堂

都市の復興と大聖堂の建設 市民たちの芸術

Saint Geminianus(en.wikipedia)

ポンポーザ━天国への梯子

サンタ・マリア修道院教会
大地と海に祝福された地 天に向かうレンガの階段
http://www.pomposa.info/
 http://cojicoviaggio.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/abbazia_di_pomp_d6fc.html
第3章ヴェネト地方

ムラーノ━聖母マリアの孤独

サンティ・マリア・エ・ドナート教会
西ヨーロッパとビザンティンの狭間で ラグーナ風床モザイクの最高傑作
ムラーノ (Murano)

トルチェッロ━美しき黄金の聖母

サンタ・マリア・アッスンタ旧大聖堂
繁栄のあとの静寂 聖母マリア―「これだけでいい」(by須賀敦子)
トルチェッロ (Torcello)
http://www.japanitalytravel.com/back/mosaici/2012_01/01.html

ヴェローナ━聖堂扉の図像世界

サン・ゼノ教会
釣り人の聖人 聖堂扉の浮彫
ヴェローナ(Verona)
http://en.wikipedia.org/wiki/Basilica_of_San_Zeno,_Verona
第4章 トスカーナ地方

ピサ━奇跡の広場にて

サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂と洗礼堂
海洋帝国の繁栄 内包される多彩な様式
ピサ (Pisa)
ピサ大聖堂の正式名称がサンタ・マリア・アッスンタであるとは、いまのところWikipediaにはなし

ルッカ━大理石の象嵌文様

サン・ミケーレ・イン・フォロ教会
三つのロマネスク教会 ルッカ様式のファサード
ルッカ ( Lucca)

サンタンティモ━オルチャの谷の祈り

サンタンティモ修道院教会Abbazia di Sant'Antimo
ロンバルディア系とオーヴェルニュ系と 共生する二者
http://italiashio.exblog.jp/9940755
第5章 ラツィオ地方

サン・ピエトロ・イン・ヴァッレ━無人の谷に隠れて

サン・ピエトロ修道院教会

谷間に広がる静寂 活気に満ちた壁画世界
http://www.sanpietroinvalle.com/

カステル・サンテリア━古代への憧憬
Castel Santelia

サンタナスタシオ教会

古代のコラージュ ラツィオ・ロマネスクの魅力を凝縮
The Basilica di Sant'Elia

パロンバーラ・サビーナ━銀の大地の修道院
Palombara Sabina

 

サンタ・マリア・イン・ヴァッレ聖堂

サンタ・マリア・イン・ヴァッレ修道院(Chiesa di Santa Maria in Valle)の祈祷堂、通称「ロンゴバルドのテンピエット」

ロンゴバルド王国後期の最も重要な建物のひとつで、女性6体の中世では珍しい写実的立体的漆喰彫刻やフレスコ画、大理石の厚板、円柱、モザイク等見事な8世紀の内部装飾を見ることができます。

古代ローマ建築、ビザンティン建築、キリスト教の精神性やゲルマン人の様式などが融合し、後の建築にも影響を及ぼしたロンゴバルドの建築様式を伝えるもの→イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡 (568-774年):世界遺産

第6章 アブルッツォ地方

ロショーロ━ヴァリーノ山の麓で
(Abruzzo)

サンタ・マリア・イン・ヴァッレ・ポルクラネータ教会

簡素な外観を裏切る内部の浮彫 自由さと力強さ
http://photohito.com/photo/2838915/

サン・クレメンンテ・ア・カザウリア━聖なる教皇の移葬
Casauria

サン・クレメンテ修道院教会

アブルッツオのバラ ラツィオ・ロマネスクの魅力を凝縮
ユピテル神殿((カーサ・ウリィ)に由来 871年ロドヴィーコニ世が創建
872年教皇クレメンスの遺骨 
http://it.wikipedia.org/wiki/Castiglione_a_Casauria

ペトレッラ・ティフェルニーナ━浮彫との戯れ
(Petrella Tifernina)

サン・ジョルジョ・マルティーレ教会

出自は大火の彼方に 戯れる神の子羊たち
(1624年の大火で文書を焼く)
http://www.sangiorgiomartire.it/default.htm
第7章 プーリア地方

トラーニ━アドリア海を背にして

サン・ニコラ・ペッレグリーノ大聖堂
Cattedrale di San Nicola Pellegrino

巡礼者が守護聖人に アドリア海に臨んで
(この本の表紙の写真の聖堂)
1175年に、バリサーノ・ダ・トラーニが制作した、装飾的なパネル
(p172)「繊細な唐草文様の縁取りの中に古典的な姿の人物が造形されている」

モルフェッタ━十字軍とロマネスク
モルフェッタ(Molfetta)

サン・コラード旧大聖堂

海港都市の発展
http://it.wikipedia.org/wiki/Molfetta#Duomo_di_San_Corrado

オートラント━驚異の床モザイク
オトラント(Otranto)

サンティッシマ・アヌンツィア―タ大聖堂

ビザンティン帝国の支配下で ロマネスクらしいモザイク
オトラント大聖堂(サンタ·マリア·アヌンツィアータの大聖堂)
第8章 カンパーニア地方とシチリア島

サンタンジェロ・イン・フォルミス━壮麗なる壁画
Sant' Angelo in Formis

サン・ミケーレ・アルカンジェロ教会

ディアナの聖地からミカエルの聖域へ デジデリオが花開かせた芸術
Abbazia di Sant'Angelo in Formis

Italo-Byzantinischer Meister 001.jpg
"Italo-Byzantinischer Meister 001" di Italo-Byzantinischer Meister - The Yorck Project: 10.000 Meisterwerke der Malerei. DVD-ROM, 2002. ISBN 3936122202. Distributed by DIRECTMEDIA Publishing GmbH.. Con licenza Public domain tramite Wikimedia Commons.


カゼルタ・ヴェッキア━古代と地中海の香り
カゼルタ( Caserta)

サン・ミケーレ・アルカンジェロ大聖堂

イタリアの建築技術と各地の装飾技術
San Michele (Casertavecchia)
http://it.wikipedia.org/wiki/Duomo_di_Casertavecchia

チェファルー━ノルマン朝の面影
チェファル

サンティ・ピエトロ・エ・パオロ大聖堂((it.wikipedia)

ノルマン朝シチリア王国の誕生「約束の地」のキリスト
ノルマン人(Wikipedia)=ヴァイキング

Christ Pantokrator, Cathedral of Cefalù, Sicily

ビザンティンモザイクの最高傑作[全能のキリスト]

あとがき(引用) 仏蘭西から始まったロマネスクへの旅
その行方をイタリアに向けてくれたのはドン・アンジェリコと須賀敦子さん

アンジェリコ・シュルシャン (Fr. Angelico Surchamp, 1924 - ) (40年にわたってゾデアック出版(Zodiaque)の編集発行人をつとめ、数百冊にのぼるロマネスク関係の書物を世に出した)() 1954年の「ブルゴーニュ・ロマン」に始まる叢書『時の闇(ラ・ニュイ・デ・タン)(La Nuit des Temps) 』 (ロマネスク教会を地方ごとに束ねて解説)

須賀敦子(1929- 1998)著『ミラノ 霧の風景』(1993年)・・
「何人とにあれ、その胸中に建造すべき伽藍を抱いているものは、すでに勝利者なのである」byサンテグジュペリ
「自分がこうと思って歩きはじめた道が、ふいにに壁につきあたって先が見えなくなるたびにに私はサンテグジュペリを思い出し、これを羅針盤のようにして、自分が今立っている地点を確かめた」(『遠い朝の本たち』)


※ モモ先生の古寺リスト
◇ジェンガ ・かくれ里の名作 サン・ヴィットーレ・アッレ・キウーゼ修道院聖堂 
◇フィレンツェ ・眺めのよい聖堂 サン・ミニアート・アル・モンテ修道院聖堂
●フェレンティッロ ・のどかな渓谷 サン・ピエトロ・ イン・ヴァッレ修道院聖堂
→abbazia
◇ロメーナ ・ロマネスク日和 サン・ピエトロ教区聖堂 
●ピサ ・奇蹟の広場 サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂 
◇シエナ ・聖母に護られた町 サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂
◇モンタルチーノ ・簡素な楽園 サンタンティモ修道院聖堂 
◇マッサ・ マリッティマ ・アヒルと魔女 サン・チェルボーネ大聖堂
◇アンコーナ ・東方の香り サンタ・マリア修道院聖堂
◇アッシジ ・心洗われる中世美術の宝庫 サン・フランチェスコ聖堂

イタリアのロマネスク建築「教会の怪物たち━ロマネスクの図像学


△ PageTop

http://www.karakusamon.com/


唐草図鑑
目次
文様の根源
聖樹聖獣文様
文献
用語
MAIL
サイトマップ