唐草図鑑
聖樹聖獣文様  

イコノロジー(パノフスキー)

Iconology

meエルヴィン・パノフスキーの『イコノロジー研究』・・副題は「ルネサンス美術における人文主義」
蛇に巻かれた人時の翁の関係大いにあり、 とっくに見ていたと思ったのですが、まとめてなかったのでしょうか・・
手元にある大学図書は、ちくま学芸版でなく、美術出版社(1971)刊の方で、下の表紙カバーは無し・・
「イコノロジー」という語は、ワールブルグのページで見た(※1)が、ワ―ルブルグ(1866-1929) が提唱し、その後、パノフスキー(1892-1968)が「理論化を進めた」・・ということでよいだろうか・・ (※2)

※1(再掲)イコノロジーという言葉の使用の嚆矢は、 1593 寓意図像書「イコノロギア」チェザーレ・リーバ著で (神々の姿形で概念を覆い隠そうと意図された衣服)
※2(再掲)ワールブルクの高弟にしてイコノロジーを完成させた
(→神話学のアウトラインの復習も参照)

Erwin Panofsky(Wikipedia.en)独逸 美術史家
アルブレヒト・デューラーを中心とする北方ルネサンス研究で知られるほか、彼が理論化をすすめたイコノロジー(図像解釈学)は、20世紀の美術史学にとって「様式論」と並ぶ最も重要な方法論となった

アメリカ時代の代表的な著作には、その後の美術史学を長く決定づけるマニフェストとなった『イコノロジー研究』(1939年)を筆頭に、デューラー研究の集大成となった『アルブレヒト・デューラー』(1943年)、『ゴシック建築とスコラ哲学』(1951年)、『初期ネーデルラント絵画』(1953年)、『墓の彫刻 古代エジプトからベルニーニに至る変遷』(1964年)と、その研究主題は広範囲に及んだ

Michael A. Holly: Panofsky and the Foundations of Art History (Cornell UP, 1984)
STUDIES IN ICONOLOGY:Themes in the Art of the Renaissance (1962)

Studies in Iconology (1939)
『イコノロジー研究 ルネサンス美術における人文主義の諸テーマ』 浅野徹・阿天坊耀ほか2名訳、美術出版社、1971年/筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉(全2巻)、2002年

内容(「BOOK」データベースより) イコノロジー研究とは、ひとことでいえば美術作品の意味の探求だといえよう。つまり美術作品を、ある時代の人間精神の一般的本質的な傾向がそこに表われているある種の徴候として、とらえようとする研究態度である。こうした新しい視点をもって美術史を一つの解釈の学として基礎づけようとしたのが本書である。 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
パノフスキー,エルヴィン 1892‐1968年。ドイツ・ハノーヴァー生れ。1926年よりハンブルグ大学に在職、ヴァールブルグ研究所との交流をもち、図像解釈学の手法を用い、広範な分野において文化史的美術研究を進める。1931年より渡米、ニューヨーク大学、プリンストン大学、ハーバード大学などで教鞭をとる

以下、

アーウィン・パノフスキーを読む

△ PageTop


唐草図鑑ロゴ


獅子紋章風
聖樹聖獣文様
聖獣概観
生命の木
 獅子
唐草目次
文様の根源
文献
用語
サイトマップ
唐草図鑑